砂利を利用するだけで防犯対策になる|簡単な方法

防犯

安価で手軽な防犯対策

玉砂利

おしゃれな外観にも

防犯意識の高まりとともに、防犯砂利を敷くご家庭が増えています。防犯砂利は普通の砂利とは違い、ガラスを高温で溶かして発砲させたもので、非常に軽く、大きさや色も様々なものがあります。防犯として使う理由は踏むと大きな音が鳴ることで侵入者除けとして使用することができます。音の大きさは掃除機と同じくらいで家の中にいても聞くことができるのでかなりの音量です。防犯砂利が人気の理由として手軽さが挙げられます、防犯カメラなどを設置するよりただ敷き詰めるだけ、価格も安価なので手軽に始めることができることです。音もかなり大きく、空き巣や侵入者を簡単に遠ざけることが可能です。また色や大きさのバリエーションが豊富なので好みの色を選び防犯対策だけでなく、おしゃれな外観にすることもできます。防犯砂利を敷く場所は空き巣などの侵入経路に敷くことです。家の周りすべて敷くのが一番良い方法ですが、費用が高くついてしまいますので、まずは侵入経路にジャンプしても飛び越えられない大きさ、十分な高さで敷くことが重要です。防犯砂利の敷き方ですが注意することは防犯砂利を敷く前に雑草などをしっかりと抜くことです。雑草を抜かないと石と石の間に入り込んで防犯の石の音が小さくなってしまいますのでしっかりと抜くよう注意してください。雑草を抜いた後に防草シートを張ればより完璧です。耐火性があり燃える心配もなく、排水性、通気性が高いので余ったら植木鉢の鉢底石としても使用できます。