砂利を利用するだけで防犯対策になる|簡単な方法

防犯

防犯対策の方法

模型

効果と敷き方

家の防犯対策はしっかり行っているでしょうか。不審者や泥棒はいつ入ってくるか分かりません。きちんと対策しておくことが大切です。そして、現在おすすめの防犯グッズは、砂利です。砂利は、その上を歩くと大きな音がする種類などが売られています。これを家の周りや侵入経路になりそうな庭に敷いておくことで、有効な防犯対策になります。防犯のために使用される砂利は、実は厳密に言うと石ではありません。ガラスを高熱で溶かして固めたものを使用しているため、大きな音が鳴るのです。見た目は通常の石と変わらないですが、持ってみるととても軽く、扱いやすいというのも特徴の一つです。また、粒の大きさが大きいほど大きな音が鳴ります。防犯対策としてだけでなく、庭のコーディネートとしても使いたい場合は、色合いや大きさなどをしっかりと選んで準備するようにしましょう。また防犯砂利の敷き方ですが、業者に頼む場合と、自分で行う場合があります。自分で行う場合、除草を徹底することと、除草シートを下に敷くことを忘れないようにしましょう。これらを怠ってしまうと、草が生えてきて砂利の意味がなくなってしまうからです。また、気密性の高い家の場合、砂利の音が家の中に入ってくるときに小さくなってしまうことが考えられます。そのような家の場合、さらに大きな音がなる砂利を探してみることもおすすめです。しかし、犯人の心理に作用して防犯になるという効果も得られますので、まずは試してみることがおすすめです。自分の家にぴったりの防犯砂利を見つけましょう。